鶴岡魚類の社長様五十嵐さんのお誘いで、

山形件の南にある鼠ヶ関漁港ににいってきました!

運転嫌い(笑)のわたしのために五十嵐さんが車も出してくださって、

天気も良くて、会話もはずみ、五十嵐さんの若かりしきころの

お話を聞きながら、キレイな景色を楽しんでいたらあっという間に

鼠ヶ関漁港につきました~

 

早速、オンラインショップで販売している一夜干しを加工している弁天茶屋にご挨拶に!

雰囲気のある店内で、社長様と従業員の佐藤さんから

一夜干しの加工方法や大変な事などいろいろお話を伺いました!

一夜干しの加工は、

全て手作業で朝から始まります!

とれたての新鮮なうちに下処理して、半日ほど潮風にさらし、天日干しします。

鼠ヶ関の潮風にあたって天然の塩けを感じる一夜干しは人気だそうです。

2日ほど干すともっと旨味が出ておいしい2夜干しができるそうです。
(地元の人しか買えないみたいです。)

 

この鼠ヶ関漁港ではイカの一夜干しが有名なんですが、

そのイカ(スルメイカ)の水揚げ量が年々減っているそうです。

昔は一夜干しのお店も沢山あって、賑わっていましたが、

みんなやめてしまい今では数件しか並んでいません。

コロナの影響で観光客も減ってしまって、

休日も以前の賑わいにはまだ戻っていないそうです。

そんな話を色んなお店で聞くたびに、

こんなに手間をかけて作っている地元の美味しいものをもっと

全国のみなさんに知ってもらって、買ってもらって、生産者さんも

購入した方も幸せな気持ちになれるように、もっとがんばらないと!と

思うのですが、たいしたことができない自分にもどかしさと悔しさを感じました。

社長様に、

どこか都内の飲食店などに卸してないのですか?

と聞いたのですが、

「誘いはあったよ!けど顔を見たことない人に販売したくねなやの。」

とお聞きして、

鶴岡魚類の社長様五十嵐さんと、こちらの社長様のいい関係から

販路が成り立っているのにも関わらず、山形おいしい便も販売させて頂くことになって

とても嬉しく思いました。

色んなお話をして、さらに干物のお土産まで頂き!

鼠ヶ関漁港に移動しました!

漁港の中に入るの何年ぶりだろう。

多分小学校の見学とかで行った記憶があるので、

何十年ぶりです!(笑)

 

ちょうど、船が漁から帰ってきたところで、

水揚げされたピチピチの魚もみさせてもらいました。

地元のおじいちゃんおばあちゃんたちも水揚げを手伝っていて、

とても素敵な風景でした。

この日は夕方に行ったので、一夜干ししてるところを見ることができなかったので、

また遊びに行って、撮影してきます!